鼻翼縮小術を東京を受けて大正解

仕事ができることは自信になり武器に変わっています

親からの遺伝で鼻の大きさが小さい頃から気になっており、からかわれることが多くて本当に嫌でした。
物心ついた頃から鼻に言及されることが多かったので、ある意味で慣れてはいたものの、思春期になると余計に気になり些細なことでも傷つきました。
親は気にしていないようで、相談しても真面目に取り合ってもらえず、相談できる友人もいなくて辛い日々が続きました。
このままではコンプレックスに押しつぶされてしまうと思い、大人になったら手術をして生まれ変わると決心しています。
その結果が鼻翼縮小術の選択と手術で、東京の信頼できるクリニックで受けることになったわけです。
学生時代は手術費を貯める毎日で、アルバイトに打ち込むことが希望に繋がりました。
仕事中にお客さんから馬鹿にされることもありましたが、いつか手術をして見返すという気持ちがバネになりました。
反発が上手く作用したからか、仕事に自分でも驚くくらいに集中力を発揮することがあり、それが成果にあらわれて一目置かれるようになりました。
相変わらず鼻のことは馬鹿にされましたが、仕事ができることは自信になり武器に変わっています。

仕事ができることは自信になり武器に変わっています | 理想の大きさや形に仕上げられる | こんな気持ちは生まれて始めて